アンケート集計をするといろいろと考えさせられます

アンケートの集計をすると、いろいろと見えてくるので、本当に考えさせられます。まず、自分が事前に考えていたこととのギャップがあったりしますが、そこが考えどころです。アンケートを見て、想像していた、結果と意外な回答で、アンケートをとるということの意義などを改めて感じます。また直接アンケートを見ることで、記述式のものなどは、回答してくださっている方が、いかに丁寧に書いてくれているかを見ることができ、集計が楽しくなります。


字はうまい方ではないのですが、そういうアンケートを拝見すると大変ありがたく思います。あと一つ大きいのは、アンケートを集計すると結果が一番初めに見れるということも一つ大きいです。アンケートを見ていると回答者がどんなことを考えているかなどの結果は、数字にすると面白いものです。数字はあくまで相対的なものになりますが、やっぱり数字はある意味では確かな傾向を示してくれますので、とても重要です。そして、いつも思うのは設問の設定の難しさでもあります。


最後は作業的なことですが、アンケート集計にはエクセルを使うことが多いですが、入力さえしてしまえば、加工はとても楽ですので、ありがたいです。また、事前に考えをまとめることができれば、クロス集計などで、より立体的に回答者の傾向もわかってきますから、より具体的なペルソナの構築にも役立てることができます。ペルソナという擬似的な平均的回答者の振る舞いを考えることでよりまた先のアンケートの方法や、集計の方法も導きだされるものです。

Posted in 作成と集計
Leave a comment

仕事で利用するアンケートの集計

会社では、今後の業績アップであったり、改善点の確認であったり、企業に求めることを確認したりするために、年に1度の割合で、不特定多数、そして、関連する人達へアンケートを実施しています。アンケート内容については、自社で毎年作成致しまして、今年度に聞きたい内容をまとめて、アンケートを作成しています。例年、項目としては、20項目ぐらいを用意しています。そして、内容についても、手軽に回答できるような形にしています。


過去、アンケート数については、色々と聞きたかったので、とても多くの質問事項を用意していたのですが、質問数が多ければ多いほど、アンケート回収率が、下がってくることがわかりましたので、以降は、20問前後に纏めるように致しました。アンケートを作成すること自体は、難しいことではないのですが、回答してくれたアンケートの集計というものは、とても大変な作業となってきますため、集計は業者に委託をして行ってもらっています。


単に、マルやバツ、番号を選ぶような回答であれば、集計も纏めやすいのですが、色々な質問の場面で、それぞれ、思った意見が書かれてきますので、こうした意見を纏めるのが、かなりの時間を使うことになるのです。こうした集計を業者に委託することによって、とてもうまく纏めてくれますし、集計結果も、かなりスピーディーに提出してきますので、業者に依頼をして、とても助かっています。料金も格安で行ってくれる業者が結構さがすとあるものです。

Posted in 作成と集計
Leave a comment

高度なアンケートシステムでも、作れる会社があります

企業等が何かしらの情報を入手する際、様々な人から意見を聞いてどのような意見が多いのか統計を取って、判断をする方法を取ります。自動販売機やコンビニエンスストアの売り上げ情報やカードの使用情報からも情報を入手して、どのようなものがどの世代または性別に売れているのかを判断して新たな商品開発や店頭に置く商品などを決める手法をとっている会社もあります。飲食店の店頭やテーブル席にも、用紙が置いてあるのを見かけることがあります。


これも、店の店員の接客態度や料理の味など、改善して欲しいサービスや、こういうサービスを取り入れて欲しいという意見を取り入れることによって、消費者のニーズに答えることによりより集客力のある店のサービスシステムを作り上げることを目的としています。本でもゲームソフトでも、中古品を入手される方ですとお目にかからない方もおられるかも知れませんが、アンケートが付属されています。それほどに、消費者の意見というものは企業を経営してゆくうえで重要なものなのです。


簡単なものならまだしも高度なアンケートを個人で製作するとなるとなかなか必要な情報を手に入れるためのアンケートシステムを作るのが難しいものです。そこでより効率的に必要な情報だけを入手する為のアンケートシステムを作ってくれる会社が、あるわけです。認証キーを利用したアンケート、複数ページにまたがったアンケートフォームの製作はもちろん多国語アンケートや他にも様々なアンケートを作ることができる会社がネットを探せばあります。これからはネットでいかに早く必要な情報を手に入れたかで今後の勝敗が決まります。考える暇なく、勝ちたいなら、アンケートは欠かせません。

Posted in 作成と集計
Leave a comment

愚痴を聞くアンケートシステム

イベントや飲食店などに置いてあるアンケート用紙を活用する人はどれほどいるのだろうか。そこには、店員の接客はどうであったか、価格設定は、などといくつかの項目が続き、その後には必ずご意見ご感想等ございましたら、で結ばれる。私自身も、この手のアンケートはめんどくさくて大体の場合は虫をしてしまう。もし回答するとしても、そのアンケートを提出することで何か景品が当たったり、サービスが受けられる場合に限る。察するに、ほとんどの人が私と同じ考えだろう。これでは、まともにデータを集積できないのではないだろうかと時々不安に思う。


しかし、そんな不安はまったくもって余計なお世話であり、杞憂である。アンケートを設置している側も、どうせまともな意見など100通に1通も来ないことを分かっているのだ。それはおそらく、設置している側の店員にしても、他店に赴いた場合私たちと同じ考えを持つからである。そうすると、このアンケートはデータ集めのためのシステムではなく、何か別の目的があるのだということが考えられる。では、いったい何のためのアンケート用紙なのだろうか。


私はあのシステムを、客の不満を受け流すためのシステムだと考える。ある店員の態度が非常に悪かった場合、よっぽど腹が立ったなら本人に直接注意するかもしれないが、ムッとした程度では何も言わないのが大多数だろう。その時、テーブルに置いてあるアンケートが目に入る。質問項目の2つ目ほどに、店員の対応はいかがですかとあり、五段階評価で答える欄があれば、1もしくは2に印をつけ、そのイライラを最終的に何かご要望があれば、の欄に書き殴るのである。これで客のイライラも多少は収まり、クレームをつけた気になれる。こうすれば、店内で大声を出されることも、態度の悪い店員がさらにふて腐れることもない。このシステムが一体どれだけ有効かはわからないが、一つの気休めとして設置している店舗が多いのだろうと感じる。

Posted in 作成と集計
Leave a comment